「オルソケラトロジー」寝ている間に視力が回復!奇蹟の技だと思いたいが…

【送料無料】ブルーベリーエキス粒【母の日0506】
「願いごとが叶うとしたら何を願う?」

 とりとめもない会話でよく耳にする言葉だ。「宝くじ3億円」「白馬の王子様」など現実感があまりない人もいれば、「一軒家をいますぐ!」「ローンの残債を消して!」といった“いままさに悩んでいます”的な問題をクリアにしたい人もいるはず。
実は筆者は学生時代に、願いごとに関するアンケートを集めたことがある。そして前述のようなお願いをする友人たちが圧倒的に多い中で印象的だったのが「目がよくなりたい」という回答だった。これは裸眼で暮らす筆者にはピンとこないものであったが、メガネ使用者にその話をすると「あ、やっぱりそれが一番かな」と、一度書いた「彼女」を消して「視力」と書き直した。


 そもそも近視とは“近くにある物はよく見えるが、遠くの物がぼやけてしまう状態”のこと。光が目の角膜と水晶体で屈折する際に、本来交差する部分より手前で焦点が結ばれてしまい、網膜面上にピントが合わないのだ。パソコンやテレビ、ゲームや携帯など、集中して目を使う機会が多く、食生活の乱れや睡眠不足など、ライフスタイルの変化にともなって、現在日本人の2人に1人が近視だという。

 “オルソケラトロジー”という技術をご存じだろうか? これは中央部が平らな特殊な形をしたコンタクトレンズを寝る前に装着し、朝起きたらそれを外す。角膜の表面(中心部)をわずかに圧迫することで焦点をだんだんと合わせるというアメリカ発の視力回復術だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/41365671

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。