スポンサードリンク

レーシックとオサート視力回復どうちがいい?

オサートという視力回復法は、最近、
エチカの鏡などのTV番組や雑誌などでたくさん紹介され、
注目されている視力回復法です。


■オサート(オルソケラトロジー)とは?

寝ている間だけ、その人に合わせた
矯正用コンタクトレンズを装着することで、角膜を凹レンズ化し、
そのコンタクトをはずしている日中でも視力を維持する、
という治療法です。

■オサートによる視力回復法のメリット

レーシックのように手術をする必要がないため、
合併症等の心配がないそうです。

小さな子供から老人まで幅広く治療をすることができるそうです。


■オサートのデメリット
オサートは、装着を止めてしまうと、凹レンズ化された角膜が
元に戻る可能性があるそうです。
そのため、昼間の視力回復は期待できなくなってしまうそうです。

視力も安定しにくいようです。


■レーシックとオサートはどちらがいい?

「1度の手術ですぐに視力を回復させたい」方には
レーシックをお勧めします。

「角膜を削るのは不安で心配」な方には
オサートをお勧めします。

・オサートの治療費・・・両眼38万円
・レーシックの手術費・・・10万円〜50万円

1日3分の眼筋体操に「パソネットPC-Eye」

↑コレでも、効果がみられるようですね。
お気軽で簡単でお勧めです。


早く気づけば怖くない。ほっておけば手遅れ。それが近視というものです。


小学生のお子さまをお持ちの方へ、オリジナル視力検査表無料プレゼント実施中!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。